ITリサーチ会社が発表する今後最も注目されるIoT技術Top10


最近盛り上がりをみせているIoT(モノのインターネット)。それはまだはじまったばかりで、今後伸びていくことは必至です。

では、IoTのどのような分野が伸びていくのか?それらの分析をIT系リサーチ会社のガートナー社が発表していましたので紹介します。

 

ガートナー、2017年のIoTテクノロジ・トレンドのトップ10を発表

第1位 IoTセキュリティ

IoTが普及すればするほど、そのIoTデバイス自体にだけでなく、それらと繋がったOSや通信、接続先システムといった広範囲にわたって、新しいセキュリティリスクが出現する。

第2位 IoTアナリティクス

IoTによって取り扱うデータ量そのものが増加し、今後はそれらによって新たに得られたデータに対して「新たなアプローチが必要」となり、新しい分析ツールやアルゴリズムが求められていく。

第3位 IoTデバイス (モノ) の管理

IoTデバイスは長期にわたって使用することでコストが発生する。ハード面、ソフト面の両面から管理する技術が注目を集めることになる。

第4位 省電力の短距離IoTネットワーク

2025年末まで、省電力の短距離ネットワークが無線IoT接続の趨勢となり、その数は広域IoTネットワークを使った接続を上回る。

第5位 省電力WAN (広域ネットワーク)

最初の省電力広域ネットワーク (LPWAN) はベンダー固有のテクノロジを基盤にいたが、長期的に見た場合、ナローバンドIoT (NB-IoT) が優位を占めることが見込まれる。

第6位 IoTプロセッサ

IoTデバイスの能力は、使われているプロセッサとアーキテクチャによって決まりまる。

第7位 IoTのOS

多くの異なるサイズのハードウェアと機能のニーズをサポートできるように、IoT固有の多様なOSが数多く開発される。

第8位 イベント・ストリーム処理

分散ストリーム・コンピューティング・プラットフォーム (DSCP) は、リアルタイム分析やパターン認識などの実行に伴う超高レートのデータ・ストリームを処理するようになる。

第9位 IoTプラットフォーム

IoTプラットフォームでは、IoTシステムの数多くのインフラ・コンポーネントを単一の製品に同梱して提供する。

第10位 IoTの標準とエコシステム

多くのIoTビジネスモデルは複数のデバイスと組織の間におけるデータ共有に依存しているため、標準およびこれらに関連するAPIは不可欠な要素となる。

 

これからIoTはますます競争がはげしくなることが予想されます。インターネット出現以降、新しいものが出てくると、それらはグローバルな競争に否応なく晒されます。それ故に圧倒的なスピードで進化を要請されます。

IoT製品のメーカーは、その適応についていけるかどうか成否を決めるでしょう。

 

 

株式会社キャパでは、アプリの企画・開発についてご相談を承っています。
アプリを作りたいので、具体的な提案が欲しい。頭の中にあるアイデアを本当に実現できるのか知りたい。予算内に収まるのか?
などのお客様のご相談に、親身に応じます。
https://www.capa.co.jp/CorporateSite_LP_B/


関連記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

we love develop
アプリやシステムの開発を通じて、お客様のビジネスを成長させることが私たちのビジネスです。お気軽にお問い合わせください。
 お問い合せ

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-5297-2871

メールマガジンの登録

キャパでは誰かに話したくなるようなIT小ネタを、週に一回メルマガで配信しています。
ぜひ購読してみませんか?
 購読する

ホワイトペーパーの入手

ITブログ月間20万PV達成!自社オウンドメディアの運用ノウハウを無料公開しています。
 ダウンロード

記事カテゴリ記事カテゴリ

月別投稿記事

PAGE TOP